こども英語◎発音ミニレッスン◎オンライン開催

意味がガラッと変わっちゃうよ~sとsh

こんにちは!KOJO English古城です。

発音の大切さを伝えているこのブログ。

日本人が同じに発音しがちな単語を例に挙げて、紹介していきます。

今回はssh はカタカナ英語では1つの音「シ」になっちゃうけど、意味がガラッと変わっちゃうよ~編です。

seat と sheet

どちらも見事カタカナ英語になってますよね。seatはチャイルドシートのシートなど。

sheetは、ベッドのシーツ(なんで複数形?って思いましたが、https://ejje.weblio.jp/content/sheetの解説では、 ベッドには上下 2 枚用い,その間に寝るからsheetsとあります )とか、レジャーシートとかで使われてます。

日本語では完全にどちらも「シート」と言ってますね。深く考えず。

これからは、「これはsの方?それともshの方?」と気になり始めるかも(笑)気になったら意味を考えればすぐわかりますけどね。

seatは席で、sheetはシーツとかひろげて敷く布のことですね。あとは、薄い紙とか板とか。

そしてチャイルドシートは、和製英語!!正しくは何というか?はウィキペディアをどうぞ!

チャイルドシート - Wikipedia

ということで、外国の方に「チャイルドシート」とカタカナ英語で言っても、そもそもchild seatという表現は正確ではないいうことと、もし通じたとしても、childsheet寄りに発音しちゃったら、「え?子どもの敷物?子どもの紙?」って一瞬頭がフリーズしかねないです。

s と sh の発音、練習してみたくなりました??意識してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました