10月新開講!ママのための親子英語レッスン詳細はこちらから

自分の思い込み、簡単なきっかけで変えられるかも!

こんにちは!ママの学びを応援する香川県高松市の英語教室KOJO Englishです。

水曜日は隔週で、自分の発音矯正レッスンと、ゴスペルレッスンの2本立ての日です。

教える立場として、自分が教わる時間も大事にしています。

受講者側を経験することで、気づけることがたくさんあります!

ゴスペルは、歌うことでストレス解消になりますし、発声練習もできて、英語の発音練習もできて、キリスト教のことも学べてと、一石二鳥も三鳥も四鳥にもなっています(笑)

今日は、高い声を出しまくって、最後フラフラになりました(笑)でも楽しかったー♡

さて、今日は、歌を歌う前の発声練習で必ずやる、リップロール(リップドリルともいいます)のお話。

口をブルブル振動させながら、発声練習をするあれです。

わたし、唇が厚いんです。

子どもの頃はたらこくちびるとよく言われました(笑)

リップロールが今までずっと思うようにできなかったんです。

どうしても途中で途切れてしまう。

「この厚い唇のせいなんだ」と勝手に思い込んでいたんですね。

でも、先生から

ずっと息をしっかり出し続ける」って指示が、ある日出たんですね。

なので、息をしっかり吸うよう心掛けて、強めの息を出し続けたんです。

後半、息が足りなくなって苦しくなるときも、前半と変わらない息の量で出し続ける。

すると。

最後までしっかり続けることができたんです!!途切れずに!!

今までできなかったのは何だったんだろうというくらい、あっさりと!!

「口の形が違うのかな」「もう少し力抜くのかな、いや、もう少し力入れるのかな」「やっぱり唇のせい?」と違うことばかり勝手に気にしていたので、何年もの間いつまで経ってもできなかった。

でも、たった一度のアドバイスで、すっと出来るようになった。

腹式呼吸が出来ていなかったのが原因。

息の量が足りなかったから、途中で途切れてしまっていた。

唇の形のせいじゃなかったんですよね!!

これって、今回はリップロールの話で済んでますが。

自分で勝手に「できない」って思い込んでしまっているせいで、簡単に改善できたりできるようになるかもしれないことを、無意識のうちにあきらめてたりしてないかな。

って、このことをきっかけに思ったんです。

独りよがりだと、気づけないことたくさんありますよね。

子どもだとまだ柔軟な考え方ができるかもしれないけど。

長く生きている大人の場合、経験を積んできているだけに

「わたしはこうなんだ」

ってモノの考え方がガチガチに凝り固まってませんか?

わたしは頑固なタチなので(笑)余計にあるかもしれませんね。

自分の意思をしっかり持つこと、大事です!

でも、もしかしたら、誰かの一声で、今までの思い込みが外れることがあるかもしれません♪

苦手だなって思ってることありません?行き詰ってることあったりしません?

わたしの場合、英語講師ですので、発音に関してのことと、ママとお子さんのおうち英語に関しては、勉強を重ねてきています。

おうち英語についての相談を受けることにしたのも、客観的なアドバイスを必要としている方のため。

ですので、ささいなことでも構いません。

ぜひ、使えるものは使って(笑)思い込みを外すきっかけにしてもらえたらと思います!

詳細はこちらの記事からです↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました