10月新開講!ママのための親子英語レッスン詳細はこちらから

ママがメンタルを保つコツ

こんにちは!ママの学びを応援する香川県高松市の英語教室KOJO Englishです。

個人で仕事をしているママの勉強会?お話し会に参加しました。

ママ向けに知育の教室を主宰されている、根岸千春さん主催です!

千春さんから「メンタルが素敵すぎる」とインスタで紹介していただいて♡

身に余るお言葉✨でとても嬉しかったんです。

と同時に、

なぜメンタル面を褒められたのかな??」って考えてみたんです。

 

主人によく言われるのが

誰とでもうまくやっていけるよね。俺は無理だ。うらやましい。

ということ。

主人とは職場が一緒だったので、働いている頃のわたしも知っているし、現在のわたしもみていてのこの発言。

誰とでも、というのは、おそらく主人から見ただけで、実際は、合わない人とは距離を取ってます(笑)

でも、主人目線では、そう映るみたいなんですね。

冒頭で話題に挙げた勉強会でも、

「自分では当たり前と思うことでも、他人からみたらすごいことってたくさんある」

って千春さんがおっしゃってて。

メンタル面について思うには。

わたしは小中学校時代に、友だちやその親も巻き込んだ、いろいろないざこざを経験してきたので、人間関係については達観している部分があるかもしれません。

ただ、いろいろ考えていて今のわたしが行きついた、メンタルを保つために大事なことは

「すべて自分で決めて、自分で納得すること」

誰かのせいにしたり、誰かの発言で気持ちがぶれたりしてたら、メンタルにも打撃ですよね。

結婚していたら、ご主人のせいにしたり、子どものせいにしたり。

仕事していたら、職場の人の発言に凹んだり、いろいろありますよね。

でも、

「自分はこういう性格だ」

「自分はこれを大切にしたい」

「自分はこうしたい」

という気持ちを持って、そして納得していれば←ここ大事!

メンタルも揺らがず、揺らいだとしても、元に戻せますよね。

納得することがポイント。

納得するためには、おそらく誰かの力が必要だと思います。

自分ひとりでは自信が持てない人が多いはずです。

とこう書いてるわたしも、去年は凹んでいた時期がありました。

自分の仕事に自信が持てず、他の人がキラキラ✨して見えていました。

でも、今はおかげさまで安定しています。

さらに、今度は自分以外の人のことがよく見える!!

一度は心理学の道へ進もうかなと思ったことも影響しているかもしれませんが、アドバイスしたくなるタチでして(笑)

娘のグチにもついアドバイスしたくなるのですが、最近はグッとこらえて、本人に気づかせようとしています。

でも、いろいろ言っちゃうんですけどね。母親なので・・・。

今は英語の仕事をしていて楽しいですが、将来的には人の気持ちに寄り添うような、背中を押したり励ましたりできる仕事もしたいなと思っています。

50代くらいからかな?(笑)

こんなわたしについて、まだご覧になっていない方はこちらもどうぞ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました