単発講座【超キホンのフレーズ】あいさつ編 募集中

ハードルを下げるちょっとしたコツ

こんにちは!親子の学びを応援する香川県高松市の英語教室KOJO Englishです。

「子どもに英語教えてあげれたらいいのに、わたし英語苦手だもんな・・・」
「第一、わたしの英語が変な影響与えたりしないかな?」

英語の重要性を感じていて、自分みたいに苦手意識を子どもには持ってほしくないという、お母さん方の思いにふれるとき。

どうやったらハードルが下がるんだろうかと、最近よく考えています。

日々忙しい生活の中で、少しずつ、スモールステップで、お子さんのために、自分のために、気軽に取り組めて、かつ続けられることってないだろうかと。

我が家でも、体調を崩していない限り、我が子2人に対してわずかながらも英語の時間を作っています。

すぐに結果が出るものでもないです。英語でなくても一般的に言えると思うのですが、急に出来るようになることって少ない。コツコツと日々積み重ねていくしかないんですよね。

お母さん方も同じです。

ママさんの発音レッスンで、皆さん口を揃えておっしゃるのは

「教えてもらったら、頭では理解できるし、カタカナと英語の音の違いもわかる。でも、いざ発音してみると、思うようにいかないんです」

これは、わたしだって同じです。現在進行形で感じています。

わたしの先生からも毎回のように言われています。

今までの癖を取るためには、「今のその音!」と正しく発音できたときの発音を覚えて、それをずっと繰り返し繰り返し練習していくこと。
口が覚えて、無意識でやれるようになるまでやるしかない。

と。

なんか、とてつもなく大変なような気がします?(笑)

でも、これは、英語講師をやっているわたしの場合です。

おうちでママがお子さんと英語を楽しむのであれば、こんなにストイックである必要はありません。心配しないでくださいね~。

ではどうするかというと。

ちょっとしたコツ

①ママさん一人で決して練習しないこと。

必ずお子さんがおうちや車の中など、同じ空間で過ごす時間に、英語をブツブツ話すことですね。

お子さんに英語を話すようにさせるわけではありません。

あくまでもお母さんによる、お母さんのためのブツブツです(笑)

口の筋トレでもありますね。

ここで、お子さんに言わせようとわずかでも思っちゃうと、お子さんへ妙なプレッシャーがかかるので逆効果です。ご注意を!

②その日のポイントを一つだけに絞る

苦手な単語や、スムーズに言えるようになりたいフレーズを、あえて一つだけに絞ってみましょう。

わたしの場合、前にもブログで書いたことがありますが↓

Is thisだけを毎日100回。
こんにちは!ママの学びを応援する香川県高松市の英語教室KOJO Englishです。 わたし、 Is thi...

ひたすら、Is thisを100回繰り返していた時期があります。

Is this は、疑問文としてよく使うフレーズであること。

簡単な単語なのに、意外と難しい発音であることが、練習した理由です。

さすがに100回も繰り返していると、変化が現れます。

舌や口の動きが滑らかになっていきます。残念ながらやらなくなると鈍ってくるのが悲しいところですが・・・💦

じゃあ、ママがやるとしたらどうすればいいですか?

レッスンを受けてくださる方には、レッスンの中で必ず一つは苦戦する単語なりフレーズがあるので、それを次のレッスンまでにブツブツやってくださいとアドバイスしています。

難しいのには、理由がちゃんとありますので。

その難しいポイントを頭で理解して、あとはブツブツです!

ですので、レッスンを受けていない方も、これなんか発音難しいんだよなぁって思っている単語をブツブツ練習することから始めてみてください。

お料理しながらブツブツやるとか、お子さんとお風呂に入りながら、湯船につかるときにブツブツやってみるとか。

お風呂では、真似するお子さんも出てくると思うんですよね!

もし、「わたしこういうときにブツブツやってます!!」といういいアイデアがあったら、ぜひわたしに教えてください♡

ハードルを下げるコツ、一緒にシェアしていけたらと思います!!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました