こども英語◎発音ミニレッスン◎オンライン開催

カタカナ英語を矯正!その2【hot】編

こんにちは!KOJO English古城です。

おうちでお子さんとなにか英語でやりたい!お子さんに英語を好きになってほしいという、おうち英語に興味のあるママさん向けに発信するこのブログ。

単語を1つずつ、カタカナ英語との発音の違いを丁寧にお伝えしていきたいなと思います!

今回取り上げる単語は【hot】です。

カタカナ英語では「ホット」。もうこれは日本語ですよね!

ホットコーヒー、ホットケーキ、挙げればきりがありません。

ああおいしそう♪

ではここで、発音チェックのお時間です。

下のリンクの音声を聞いて、戻ってきてくださいね♪

HOT | meaning in the Cambridge English Dictionary
hot definition: 1. having a high temperature: 2. used to describe food that causes a burning feeling in the mouth…. Learn more.

イギリス英語では、日本語の「ホット」に近く聞こえますね。
アメリカ英語だと、聞いていただくとわかるとおり、ホットではなく、あえて書くなら「ハット」ですね。

昔、藤井隆が「体の一部がホット!ホット!」って言ってましたが(これ通じるかな・・・覚えてる人いるか心配になってきました。笑)、あの方は「ホット」ではなく「ハット」気味に言ってましたよね。あれです。

発音記号で書くと、[hát]ですね。

そして、同じように大事なポイントとしては、[h]の音。

カタカナの「ハ」ではないんです

ではどんな音なのか・・・先ほどのケンブリッジディクショナリーの音声を聞いていただいて、それでも聞き取れない場合は、ぜひ発音やり直し講座へ♪

ママのフォニックス&発音やり直し講座
最新スケジュールはこちらです↓ フォニックスという言葉を耳にしたことがある方、最近は結構多いと思います。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました