2022年のテーマは"Curiosity"(好奇心)

ジャックオーランタン?ジャコランタン??

1日10分!毎日楽しく遊んで♪

子どもの英語力の土台はおうちで育てる!

ママは【英語らしいリズム】と【発音】を学び直して

英語コンプレックスを払拭!

ママも子どもも自信を持てる英語の環境づくり♡

香川県高松市の英語教室(オンラインレッスン対応)

KOJO English古城です。

長期留学経験もハロウィーン経験もなかったわたしの初仮装について↓

ハロウィーンで知恵熱!?
こんにちは!ママの学びを応援する香川県高松市の英語教室KOJO Englishです。 今までわたしが避けてきたもの...

そんなわたしのハロウィーンにまつわるショック、他にもあります。

ジャックオーランタン?ジャコランタン?

ハロウィーンのかぼちゃのことを、何を隠そう、わたしは「ジャックオーランタン」だと思っていたんです。

子どもの頃も、大人になってからも、ハロウィーンの行事に縁がなかったので、

Jack-o’-Lantern

字だけ読んで、生のJack-o’-Lanternを聞いたことがなかったんですね。

ネットで検索してみても、まあジャック・オー・ランタンという表記の多いこと。

そんな中。

英語の先生方が「ジャコランタン」っておっしゃるのを聞いて、

「え?ジャコ?なんのランタン?」

って一瞬頭の中がちりめんじゃこだらけに(笑)

っていうのはウソですが、一瞬頭が???となりました。

発音記号を見てみると・・・

発音記号を調べると、確かにジャックオーランタンと、oを独立して言うのではなく、ジャコランタンと、kとoが連結(=つなげて発音)するんですよね。

 (難しいですが一応載せますね⇒ /ˌdʒæk.əˈlæn.tɚn/ )

太字にしたところが、o’のところ。

əの発音記号は、強く発音しない母音です

あいまい母音と言われる音ですね。

日本語だったら「ジャック・オー・ランタン」でOKだと思うのです。

しかし、イティブにスッとわかってもらえるのかな?と疑問です

身の回りにネイティブがいないので、すぐ確認できないのが残念ですが・・・

これまでのわたしの英語の勉強は

学校英語と受験英語と、大学での英語の授業と英検やTOEICのための英語。

海外の文化を学ぶ機会がなかったなぁと今更ながら感じます。

子どもの頃から外国の文化を知る機会がたくさんあったら、自分の選択肢もいろいろ広がっていたのかもしれないなーとも思いました。

みんながみんな留学できるわけではないし、海外に長期滞在できるわけではない

でも、日本国内でも、学び方によってはできることがあるんじゃないかなと。

ひと昔前の英語教育と今は少しは変わっているとは思うけど。

英語って言語だから

誰かとコミュニケーションをとるために学ぶ

という基本的なことを大切にしなきゃいけないなと、ハロウィーンシーズンが来るとあらためて考えさせられるのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました