10月新開講!ママのための親子英語レッスン詳細はこちらから

わたしとアンガーマネジメント

こんにちは!ママの学びを応援する香川県高松市の英語教室KOJO Englishです。

この間の日曜に、アンガーマネジメントの講座を久々に受講しました。

昨年、同じ先生(ここでは仮にA先生とします)のアンガーマネジメント講座を見つけては、いろいろなところで受けていました。

コロナが流行し始めてからは機会が無かったのですが、今回久々に募集を見つけすぐ申し込みました。

余談なのですが、以前主人と一緒に託児有りのアンガーマネジメント講座を受けたことがあり。

それがわたしも主人も、初めてのアンガーマネジメントの講座でした。

今回は日曜開催のため、子どもたちをみててほしかったので、主人に

「わたし日曜にアンガーマネジメントの講座に行くんだけど・・・」

と言うか言わないかのところで、

「あー俺は行かない!」

と即答。笑

同じアンガーマネジメントの講座でも、誰が講師をされるかで、分かりやすさ、理解しやすさは全然違います。

主人と一緒に受けた講師の先生(B先生)は、ここだけの話、あまり印象がよくなくて(^^;)

やっぱり、第一印象って大事で。

主人はその時の印象が強く残ってしまい、アンガーマネジメントはもう聞かない!となっちゃってるんですね。

一方、わたしが何度も講座を受けているA先生は、挙げる事例がすごくわかりやすいんです。

理解もしやすいし、なにより話がめちゃくちゃうまいんです!!

わたしも駆け出しとはいえ、一講師の身。

あんなにお話が上手くなりたいなぁと憧れます♡

さて、日曜の講座では、近くに座った方とお話しする時間が設けてあったのです。

初対面の方でしたが、素敵なママさんお2人♡

お2人とも温厚で全然怒らなそうな感じに見えました。

しかし話を聞いてみると、お2人ともご主人にしょっちゅうイライラをぶつけているそうで(笑)

イライラしやすいのはわたしだけかなって思いがちですが、世間のママたちは多かれ少なかれイライラしてるんだ!とわかって、随分気持ちが楽になりました♪

アンガーマネジメントで大切にしたいポイント、忘れていたことも多かったので、また気をつけていきたいと思います。

講座の中で、1つ皆さんとシェアしたいことがありまして。

アンガーマネジメントと聞くと、「怒らないようになる技術」と勘違いしている方が多いそうですが、そうではなくて。

怒る必要のあることは上手に怒れて
怒る必要のないことは
怒らないようになること

だそうです。

そして、自分の中で、

許せるゾーン

まあ許せるゾーン

許せないゾーン

に日々の怒りを仕分けして。

まあ許せるゾーンを広げることと

一度決めたゾーンは固定することが大事なんだそうです。

そうですよね。

自分の機嫌だったり、相手によって変えちゃダメですよね。

この話を聞いていて思い出したことがありました。

数か月前、小2娘が久しぶりに大泣きした夜がありました。

わたしが洗い物をしているときのこと。

ああだこうだ一方的に、自分勝手な言い分で文句を言っていて。

我慢ならずわたしがブチ切れまして。

↑こうやって簡潔に一文にすると、なぜブチ切れた?と思いますよね💦

そうなんです。説明を省いているので伝わらないと思いますが。

今、冷静によくよく考えたら、同じことを言ってても、たとえ自己中なことを言っていても、普段はブチ切れることはない。

でも、ブチ切れてしまった。

わたしの態度が一貫していないわけですよね。

かなりしつこかったというのもありますが💦

普段なら『しょうがないな』と容認していることは、いつでも一貫した態度をとらないといけないですよね。

あまりガミガミ言わなくなったな~なんて思っていた矢先、夜だったし疲れていたんだと思います。

でも、日曜のA先生のお話で、

「怒る基準をコロコロ変えていると、相手が顔色を見て行動するようになる」

と聞いて、ハッとしました。

なかなか100%学んだ通りにできないですが、出来ることからやっていきたいと改めて思ったのでした。

長々とお読みいただきありがとうございました♡

こんなわたしの自己紹介ページはこちらです↓

講師紹介
KOJO Englishのホームページをご覧いただき、どうもありがとうございます! 講師の古城裕美子です。...

まだ読んでいらっしゃらない方はどうぞ♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました